スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を楽しく勉強する

人気ブログランキングへ
以前のブログにも書きましたが、私は中学生の時は

英語が得意でした。

なんてことはない、他の子と比べて英語に接する時間が長かったからです。

親が、レッドツェッペリンやビートルズが好きで幼稚園の頃から良く聞いていました。

歌詞カードをみたりなどをしていて英語に対する免疫が出来ていたことが大きな要因だと

思います。

講師の方や教師の方で、英語を覚える前にローマ字を覚えさせるのやめて欲しいって
思った人いないですか?

私は良く思います・・・

困ると必ずローマ字表記する子が多いんですよ><

なんとなしに発音から想像出きるにはかなり経験が必要なんですけどね・・・

私は英語を教える時、最初は日常会話で使うようなものを単元に関係なしで

数問英作をさせます。

ちゃんと勉強したことがいかせるということを教えて行きたいからです。

それとは別に、趣味や最近みたドラマなどの話をして好きな洋楽を聞き出してりします。

これが結構良い教材になるのです。

歌は文法などもメチャクチャなものが多いですが、感情を表現するものが多いのがいいところです。

また、日本語と同じように勝手に言葉を作ったり省略したりという傾向も教えることが出来ます。


このことで、日本語と英語との垣根をなくす効果を見込めるからです。

なにより一番は、自分が好きな歌がどういうものなのかわかることがやる気を掻き立てる
のです。

一般的に中学校で習う英語を完璧にすれば、日常会話は大丈夫だといわれています。

実際そう思います。

勿論単語は中学校で習うものでは足りませんが、文法的には問題ないです。

洋楽の歌詞も殆どがそうです。

何の歌でやったかは書きませんが、その歌の歌詞を用意してきました。

「自分がそのドラマを見て感じたことを思い出しながら何となく意訳でいいから訳してみな。
どうしてもわからない単語があったら、前後から判断して書いてみな。」

それに付け加えて

「意訳でもいいけど、文法は必ず守って訳してね。」と付け加えました。

やはり元々興味を持っていただけあって、いつもならすぐに意味を聞いてくる子でしたが

自分で考えて「そうじゃないか?」という感じでどんどん訳していきました。

文法的に間違えているところはちゃんと直させましたが、とりかたが多様な箇所については

本人の訳を尊重してやりました。

本人からも、

「またこういうのやりたい!」というリクエストが耐えないほど人気の教え方です。

ただ、毎回こういうやり方は無理です・・・

人数が多い時にはきつい方法ですので・・・

人間というものは興味があることに対しては物凄い能力を発揮します。

それをうまく利用して役立てることって大切なことだと思います。

歴史が嫌いな子でも、好きなタレントが演じた歴史上の人物が出た時に

「これって前に○○がドラマでやってたよね?」

と付け加えると面白いように覚えていったりするのです。

また、「この人ってさ、○○に似てない?」などの私達にとってはなんとなしに言ったことも

子供にとっては印象に残るようです。

洋楽の歌詞を使って英語を楽しく学ばせる方法はとてもお勧めです。

リスニングも上達させることを考えると

やはりビートルズが一番だと思います。

LOVE ME DO などは、中学一年生でも何回か聴けば歌詞を書けるようになる
と思います。


世の中で不必要な知識はない

私はいつも言うことなのですが、遊びで覚えたり、趣味で覚えたことなども

他の知識習得に応用できるものです。




スポンサーサイト

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。