スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏期講習の選び方

人気ブログランキングへ
そろそろ夏休みの時期ですね。

受験で良く言われるのは、

「夏を制するものは受験を制する!」

ってやつですよね。

私が子供の頃は、

大手の予備校での集団夏期講習でした。

はっきりいって、テキスト代に全てを払ったようなものでした。

どちらかというと、私自信は一人で黙々とやるタイプでしたので、
テキストさえ貰えれば文句はないという感じでした。

が、別に市販のもので補えるレベルだと私は感じました。

一人で黙々とやるタイプや、ある程度1、2年生の内容が出来上がってるレベルなら

集団塾でも問題ないと思います。

ためになることはなくても、無駄になることはないと思います。

中1、2年生の内容をしっかりとコツを交えてサポートしてほしい!

とお思いなら、間違いなく個別指導が良いといえます。


夏期講習で個別指導を超える指導はない!と思います。

家庭教師でもしっかりサポートできるとは思います。

しかし、しっかりとまとまったテキストが用意されていないことと

家の中だけでだれてくる可能性があることが懸念されます。

個別指導塾と集団塾のテキストレベルは

対して変わりません。


集団塾の特進レベルなどは別ですからねw

お子さんが特進レベルの場合は、間違いなく集団塾に行った方がタメになります。

今回は中学2年までのベースが不完全な子に限って話しています。

公立高校に合格したい子や基本がまだ不完全な子であれば、

テキストレベルは変わりませんし、個別指導の方が自分が頑張っている感が
身につきます。


さて、何の教科をやった方がいいの?と思う方もいるかもしれません。

基本は5教科全部をお勧めします。

夏期講習のテキストって、どの教科をとっても真面目に全部把握すれば

他のテキストは全く要らないくらいまとまっています。


私達講師からすると、どの参考書でも1冊まるまる完全に理解すれば
それだけで充分だといえます。


その中でも、夏期講習のテキストというのは最高レベルの出来栄えのテキストなのです。

まして、一からしっかりサポートしてもらえるのでやるとやらないでは

雲泥の差です。


夏休みにしっかりと穴埋めできないと大変なことになります。

自分で道筋を立てて勉強するのは3年生からやり出した子にとっては、かなりキツイです。

普段塾に行かないにしても、夏だけはかなりハードスケジュールになっても

行くべきだと思います。

これは、私が塾を経営してるから言うことではなく、受験というのはそれだけ
厳しいものだという認識を親御さんに持って頂きたいから書いています。


頑張れば、できるのが勉強です。

そして、自分が頑張って何かを成し遂げた経験というのは

自分の人生の中で糧になっていきます。


私も今の自分があったのはどうしてか?と問われたら

自分が頑張った経験が頭をよぎります。

人間いつかは必ず苦労して、楽できる時があります。

今楽をすると、必ずそれは後々に大きな苦労として返ってきます。

もし、仮に目標が達成されなかったとしても自分が頑張った経験というのは
必ず生きるものです。









スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 学校・教育

ブログランキングに登録してます。たくさんの方に見て頂きたいので、お優しい方ポチっっとお願いします↓↓↓
人気ブログランキングへ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。